SNSマーケティングが他のマーケティングと比べて優れている点

>

SNSマーケティングと他のマーケティングとの大きな違い

インターネットを使った企業宣伝

インターネットを使用した企業の宣伝活動は現代になってごくごく一般的になってきており、ほとんどの企業がインターネット上で宣伝活動や企業イメージのPRを行っています。
今までは広告や企業パンフレットなど紙媒体に頼って行ってきたのに対し現在ではホームページやバナー広告の形でインターネットの世界で宣伝を競合し合っておりいまや媒体としてインターネットを使っていない企業は皆無ではないかと思います。
こうした動きは20年前にはなかった動きでしたがここ10年くらいで急速に拡大し始め、今ではごくごく普通の認識で企業側は捕らえています。
このようにインターネットが急速に人々の間で急速に普及し、生活の一部として認知されたことによって企業にとってもその存在は決して無視することの出来ない存在になっています。

一般的になった企業のホームページ

そしてすっかりホームページの存在は一般的なものになり現在はほとんどの企業がホームページを展開しているといってよいでしょう。
その内容は企業沿革から活動内容、商品のラインアップやカスタマーサービス、果てはメールによる問い合わせなど多岐に渡り一目でその企業の全体像がわかる内容構成になっています。
インターネットの検索エンジンで企業名を検索すると真っ先にその企業のホームページが検索されることでしょう。
こうした検索にヒットすると言う利点も含めてホームページを持っているというのは企業にとってメリットが大きいということになります。
ただホームページの弱い点としては個人が企業に対して目的を持って検索エンジンなどを利用しなくては目にほとんど止まることはないという点にあります。


TOPへ戻る