生徒の少年は満ち足りた表情だった

「音楽家」のことの本を書く事になったら、どういったことを調べる?「子供」の一般的な解説とかだろうか。それとも、自分オリジナルの視点からの見解だろうか。

目を閉じて熱弁するあなたと壊れた自動販売機

わたしは、アレルギーで、メイクは当然出来ないし、ケアも限られている。
そこで、フルーツや飲み薬の力に頼ってしまうのだが、長らく摂っているのが粉ゼラチンだ。
緑茶に溶かして、しばらく習慣にしているけれど、多少素肌が艶やかになった。
その上、飲むようになってから調子が良くなるまで即効性があったので、びっくりした。

気分良く吠える子供と俺
今季は、海水浴に行っていないが、行けたら非常に行きたい。
まだ、わが子が2歳になったばかりなので、海には入らせないで遊ばせるぐらいだが、きっと喜んでくれるだろう。
だけど、子供は、パンパースをつけているゆえに、海水客の事を考えたら海水に入れない方がいいのではないだろうか。
遊泳用のオムツもあることはあるが、問題に発展しているらしいので。

具合悪そうに跳ねる兄さんと濡れたTシャツ

太宰の人間失格をラストまで読んで、主人公の葉ちゃんの考えも分かるかもしれないと思った。
葉ちゃんは、生きる上で誰だって抱いている部分を、大いに持ち合わせている。
そんな部分を、自分自身に秘めないで、酒だったり女性だったりで発散させる。
最後は、バーのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その部分で、葉ちゃんは器用ではないんだと、いつも気の毒になってしまう。

じめじめした週末の明け方に食事を
私は前から、肌がまったく強くないので、気を付けないとかぶれる。
それに、ボディーシャワーの素肌に残ってしまうタイプが気に入らない。
しかしながら、真冬はかなりぱりぱりになるので、無添加に近い化粧水を使用している。
愛用中の品のガッカリな点は、価格設定が凄く高いので、なかなか買えないところ。

寒い仏滅の夕方は熱燗を

花火大会の時期なのに、今住んでいる位置が、行楽地で毎週、花火が打ち上っている、もう嫌になってしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週末、打ち上げ花火をあげているので、文句もわんさかあるらしい。
俺の、住居でも打ち上げ花火の音が大きすぎてひとり娘が怖がって涙を流している。
たまにのことならいいが、夏休み中、毎週、どんどん花火をあげていては、嫌になる。
さっさと終わればいいのにと思う。

涼しい週末の早朝は立ちっぱなしで
今日この頃まで一切知らなかったが、小さい子のプールの為のオムツというものがあるらしい。
都市部では、水用オムツを着けて入れる所と入れない所があるらしい。
確かに、赤の他人からは、プール用でも小便など含んでいるオムツで同じところに入られたら、それはそれはいやだろう。
それでも、親だったら、プールにいれてあげたいと考えてしまう。
しかれども、逆の立場だったらとってもいやだ。

天気の良い大安の夕暮れはシャワーを

ひえしょうにかかってからは、わずかにハードだけれど、どう考えても冬がいとおしい。
外が乾いているからか、カラリとした匂い、さらにストーブの温もり。
真冬の陽の光ってゴージャスな気になれるし、レフを持っていく、早朝の浜辺もいい感じ。
空気を撮りたかったら、性能のいいカメラもGOODだけれどトイカメで思いっきり撮りまくる方が本当に雰囲気のあるSHOTが発見できる。

雪の降る平日の日没に外へ
いまどき珍しく、私の部屋は、クーラーも暖房器具も置いていない。
よって、扇風機と冷たいお茶を飲みながら日々を過ごす。
先日、扇風機を動かそうと考え、回転しているまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の中身が止まったので「おかしいな・・・」と不思議に思い,じっくり見た。
なんと、回転に支障を出しているのは、まさに自分の指だった。
手を放すと、また歯は元気に回転を始め、自分の指からは血が垂れてきた。
痛いと感じる間もなかったが、気を付けたいと考えた。

怒って歌う彼女と冷めた夕飯

ひとり暮らしの時、体の調子が悪い上に、食生活と、眠りの時間帯が変だったので、口内炎が多発した。
これはヤバいと思って、生活リズムを整え、健康にいい事をしようと情報収集をした。
すると推進されたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
現在に至るまでごくごくと飲む。
レモン以上にビタミンが豊富に摂取できると言う話だった。
健康と美容は結局ビタミンから作りだされるのかもしれない。

のめり込んでお喋りするあなたと俺
手を出せば、ものにするまでに時間がかかるものは、日本中に数多くある。
その一つが、外国語の習得だろう。
実は、韓国語だけはまれに、私たちが話す日本語と語順が一緒で、しかも発音も似ているので、わりと習得が早いとか。
しっかり韓国語を勉強した友人の明日香は、英語より早く習得しやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
少しだけいいなーと思ったけれど、やっぱり文字は記号にしか思えない。

Copyright (C) 2015 生徒の少年は満ち足りた表情だった All Rights Reserved.