SNSで行うマーケティングは他のマーケティングと何が違う?

SNSマーケティングが他のマーケティングと比べて優れている点

SNSマーケティングと他のマーケティングとの大きな違い

インターネットの飛躍的な普及によってインターネットはもはや当たり前のものになり我々の生活に欠かせないものとなっています。 それに付随して企業の宣伝媒体も大きく変貌を遂げ、紙媒体を使うことはすっかりなくなり、いまやホームページを持っていない企業は見かけないほどになっています。

現在はインターネットを使った企業宣伝が普通

もはや今の時代にインターネットの存在は当たり前のことになり、誰もが毎日インターネットを利用しています。
さらにスマートフォンの爆発的な普及で日本国民全員が一日中インターネットの世界にいるといっても過言ではありません。
そしてその勢いはビジネスの分野にも進出し、いまやホームページを持っていない企業はないといってよいでしょう。
さらにインターネット端末の劇的な進歩によって宣伝活動の媒体も変わっていき、現在はSNSサービスを利用した宣伝活動いわゆるマーケティングが行われています。
SNSサービスの登場で今まで個人の利用に留まっていたインスタグラムやツイッター、LINEなどが企業の間でも利用されるようになり、現在は多くの企業がこれらSNSサービスを導入しだしています。
では今までのマーケティング活動とSNSサービスを利用したマーケティングではどういった点が大きく異なるのでしょうか。
今までは高奥やパンフレットの紙媒体がほとんどの企業の宣伝活動を閉めてきました。
しかしこれでは一般人の目に止まる機会はほとんど皆無といってよく経費ばかり高くて予算のムダ使いといえる始末でした。
しかし。インターネットを利用した宣伝活動ならば目にする人間の数は飛躍的に向上するため予算も小額で収まり宣伝効果は高いというメリットが出てきました。
さらにSNSサービスを利用すれば予算はほとんど皆無で企業の存在を知らない人でも目にする機会が膨大になりますので、飛躍的な宣伝効果が期待できるというわけです。
このサイトではSNSサービスを使用するマーケティングと他の媒体のマーケティングの違いについて調べてみたいと思います。

企業の宣伝として利用されるSNSサービス

企業のインターネットによる宣伝活動もインターネットの進化に応じて大きく変貌し、現在はSNSサービスがホームページなどに変わって利用されている状況になっています。 個人利用でもインターネットの世界ではSNSが主流になっている現在、企業もそれに対応する必要性が出てきています。

SNSによるマーケティングと他マーケティングでは何が違うのか

では企業が行うマーケティング活動としてSNSサービスを利用したマーケティングと他の方法のマーケティングでは一体どのような点が違うのでしょうか。 まずメールや紙媒体のマーケティングだと全く企業の存在を知らない人には効果がありませんがSNSの場合は全く企業のことを知らない人でも宣伝のチャンスが広がります。

TOPへ戻る